feed

高校数学

Home » コース案内 » 進学塾 » 高校数学


勉強は何のためにするのでしょうか?

答えはひとつ、『賢くなるため』にするのです。

『賢い』とは、考えるチカラ(自己解決能力)が優れている

ということです。

 

理学博士が伝授する高校数学

東大・京大・難関大、医・歯学部、国立理系・文系などトップクラスを目指すキミにぴったりの指導内容です。
理学博士であり、「真の数学力」を持つ高校数学No.1講師が、生徒ひとり一人に最適な解法を伝授します。

講師プロフィール

笹井理恵

 

理学博士 専任講師
笹井 理恵(ささい りえ)

広島大学理学部大学院理学研究所
数学専攻博士課程修了
元広島大学特別研究員
山口大学・広島大学数学講師


専任講師からメッセージ

 


授業を受ける中学生男女「数学を好きになりましょう」

 

そういうと、きっとほとんどの人が

 

「え?数学なんて面倒なだけでしょう?」

「好きになれるはずがない」

 

という様に反応するのではないでしょうか?

算数や中学数学までは好きだったのに…

という人がとても多いと知って、私はとても驚きました。

「なぜ?高校数学はこんなにおもしろいし、便利なのに!」

そして、どうして高校数学でつまずいてしまう人が多いのかを、長い間ずっと考えてきました。

 

その結果、数学が苦手になる理由は、

 

小学校の早い段階で算数を反復や暗記でこなす習慣がついてしまい、自分で考えて解く力が備わっていないことにある、

 

という、ひとつの結論に至ったのです。

また、高校数学はある程度解けるけれど、数学自体が好きではない人がいます。

そういう人も、

公式や解法の暗記を中心に学習してきたために、数学 の面白さにまだ気づいていないのです。

 

数学は楽しくて感動できるものです。

考え抜く力が身につけば、朝からテレビを見るよりも、数学を解くほうがわくわくする…。

 

そのくらい楽しくなります。

高校生のみなさん、私たちと一緒に、数学の海で楽しく泳ぎましょう。

このページのトップへ▲

どれにあてはまりますか?

数学に対して、あなたは次のどれにあてはまるでしょうか。

 

算数も数学もずっと大好きで得意。

算数はまあまあの成績だった。

数学に変わってからよくわかりだして、成績がぐんと上がった。

中学まではよくわかっていたけれど、高校数学になってからわからなくなった。

算数は得意だったのに、中学数学でわからなくなった。

算数の途中(中〜高学年)で、わからなくなってきた。

小学校低学年から、少しずつ算数が苦手になってきた。

 

中学から高校にあがったとき、ほとんどの生徒が数学の難しさに驚きます。

まるで中学数学と高校数学の間に、深くて大きな谷があるかのように感じることでしょう。

しかし、思考力がある人はその谷を飛び越えて、先へと進んでいくことができます。

 

算数・数学を長い間指導してきた結果、確信したことがあります。

 

それは「自己解決能力が乏しい人は、数学を理解できない」ということです。

 

受講生のT校 2年O君は、先の話とは逆で、高校に入ってから数学のおもしろさにめざめました。

講師いわく、「彼は自分で数学を泳ぐことができます」とのこと。

中学 のときも、決して数学の成績は悪くありませんでしたが、現在ほどの切れはなかったのです。

 

しかしO君は、中3の夏に思考力養成コースを受けて、自己解決能力を高めました。

 

それ以来、中学での校内順位はトップクラスに躍り出て、
そのまま、高校進学でも上 位で合格!

現在も上位を維持しています。

小中学生のときに、自己解決能力を高めてこなかった人は、高校数学で必ず伸び悩みます。
高度な内容に愕然とし、理解するのに時間がかかるからです。

しかし、それに気づいてからでは遅いのです。
将来的にも理系で進むためには、早い段階でこの自己解決能力を磨いていくことが必須なのです。

 


所在地 山口県周南市今住町3番3号福谷ビル3F
TEL 0834-32-2870
お問い合わせ受付時間:14時〜22時(月〜土)
Copyright(C)2017 ラ・コスモス All Rights Reserved.